ポケモン日記

ポケモンのことを時々書きます

ブログトップ

アーモンドと申します。

構築記事や単体考察、時々日記を上げていきたいと思っています。

よろしくお願いします。

 

シングルメインの時々ダブル。

 

-お気に入りの構築

6世代

シーズン11

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 

 

7世代構築

シーズン2

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 

シーズン3 

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 

シーズン4

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 シーズン14

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 

8世代

シーズン2

 

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 シーズン3

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 

 

 

-記録

6世代シングル

s11:最高2162最終・。・

7世代シングル

s2:最高最終2212(最終7位)

s3:最高最終2206(最終2位)

s4:最高最終2207(最終1位)

s14:最高最終2203(最終3位)

8世代シングル

s1:最終73位(TN:Avior)

s2:最終9位(TN:Avior)

s3:最終2位(TN:アーモンド♪)

s4:最終2619位(TN:アーモンド♪)

s5:最終123位(TN:アーモンド♪)

s6:最終173位(TN:アーモンド♪)

s7:最終1位(TN:中野四葉)

s8:最終86位(TN:アーモンド♪)

s9:最終3位(TN:ルシア)

s10:最終468位(TN:アーモンド♪)

s11:最終15位(TN:Alchemist)

s12:最終586位(TN:アーモンド♪)

s13:最終4桁半ば

s14:最終344位(TN:アーモンド♪)

s15:最終189位(TN:テトラポッド)

s16:最終42位(TN:アーモンド♪)、46位(TN:スヤリス)

s17:最終253位(TN:ココナッツ)

s18:最終219位(TN:ありまかな)

s19:最終1位(TN:Maidoragon S)、17位(TN:アーモンド♪)

s20:最終147位(TN:アーモンド♪)

 

8世代ダブル

s9:最終455位(TN:ルシア)

s20:最終145位(TN:アーモンド♪)

 

 

-TN

ソード:Avior→中野四葉→達也→ルシア→Tokiwa★Grove→Alchemist

シールド:アーモンド♪

 

 

twitter:@poke1800_almond

 

対面ミミダイナ(Frontier決勝戦使用構築)

ミミッキュ+ムゲンダイナの対面選出に夢を見て組みました。


f:id:almond_beginer_1500:20210925220435j:plain


【採用順】
1.ムゲンダイナ
使ってみたかったので採用しました。
対面性能とクッション性能、詰め性能を両立できる3WのHBヘドロです。

2.ミミッキュ
諸々の構築に対するスイーパーです。
雑に削った後に着地させるとわかりやすく強いです。

3.ランドロス
ザシアンに対するクッションです。
浮いている事と蜻蛉返りを使えることを評価してランドロスに落ち着きました。
ステルスロックでダメージレースを加速させられる点も強力です。

4.一撃ウーラオス
足が速いポケモンが欲しかったので採用しました。
攻撃範囲が優秀な事と黒バドレックス入りに選出しやすい事が理由で一撃ウーラオスです。黒バドに対して蜻蛉からの引き先がいないので、勝率に関してはなんとも言えません。

5.ヒードラン
ここまでムゲンダイナ入りに勝てる気がしなかったので入れました。
気持ち重めのウルガモスにも抗えます。

6.ヤドラン
ヒードランが重かったので水枠として投入しました。
水枠の選択肢は多いですが、今回はマンムーにある程度撃ち合える事、雰囲気受け回しに強い事、ザシアンに最低限の抵抗が出来る事、日食ネクロに比較的強めな事を評価してヤドランに落ち着きました。



【個体紹介】
ムゲンダイナ@黒いヘドロ プレッシャー
控えめ:204-0-124-4-4-172
実数値:241-×-131-182-116-172
技構成:ダイマックス砲/ヘドロ爆弾/マジカルフレイム/自己再生

  • 調整

・H=16n+1で最大
・準速エースバーン抜き
・打点を伸ばすためにC補正
・あまりB


ミミッキュ@命の珠 化けの皮
意地:148-252-4-0-4-100
実数値:149-156-101-×-126-129
技構成:じゃれつく/ドレパン/影撃ち/剣舞

  • 調整

・A特化
・大体の耐久サンダーを抜ける程度
・あまり耐久


ランドロス霊@ゴツゴツメット 威嚇
腕白:252-4-252-0-0-0
実数値:196-166-156-×-100-111
技構成:地震/蜻蛉返り/瓦割り/ステロ

  • 調整

・HB振り切り


一撃ウーラオス@拘りスカーフ 不可視の拳
陽気:0-252-4-0-0-252
実数値:175-182-121-×-80-163
技構成;暗黒強打/インファ/不意打ち/蜻蛉返り

  • 調整

・AS振り切り


ヒードラン@弱点保険 貰い火
控えめ:100-0-0-156-0-252
実数値:179-×-126-187-126-129
技構成:マグスト/大地の力/ソラビ/日本晴れ

  • 調整

・準速
・ちょっとだけ耐久(マックスアップ10個で振りやすい)
・あまりC(気持ちお得な11n)
・C2↑ソラビで無振りウオノラゴン確1
・C2↑晴れマグストで無振り連撃ウーラオスを余裕を持って確1(目安)


ヤドラン@拘り眼鏡 再生力
控えめ:244-0-108-156-0-0
実数値:201-×-144-154-100-50
技構成:熱湯/ショック/トリック/悪巧み

  • 調整

・H=3nで最大
・A244ザシアンのA1↑ワイルドボルトを15/16耐え
・あまりC


【解説/補足】
・ムゲンダイナ
軸です。
なお、A特化鉢巻ウーラオスの暗黒強打でわからせられたので最終的にはよくいるHBの配分と使い分ける形としていました。

ミミッキュ
一般的な意地剣舞ミミッキュ(冠のアッキミミッキュにありがちな配分/構成)です。「ムゲンダイナ+@1で適当に削りを入れた後、このポケモンでスイープするのがシンプルに強いのでは?」と思い至ったのがこの構築の始点です。黒バド軸やカイオーガ軸はこのポケモン剣舞からのスイープが狙え、イベルタル軸には終盤の対面要員として殴り合いが出来る事から、想定以上に刺さる構築が多く強力でした(状況次第ではザシアン軸のスイープ役を担うことすらありました)。
技構成/配分は前述の通りよくあるものなので割愛します。

p.s
影撃ちのリーチを限界まで伸ばしたい事から、この構築では陽気より意地の方が通りやすいと判断しました。ドレパンの火力がギリギリ(H振りヒードランに2↑ドレパンが4割程度の乱数)な事もあり、間違ってはいないかと思います。


ランドロス
ザシアンに投げるだけの枠です。地面の一貫を切れるのがこいつだけなのでザシアンがいなくてもついつい選出してしまいがちな事、氷の牙ザシアンに秒殺される事がこの構築の穴となっていますが、変えとなるようなポケモンもいないのでなんやかんやでそのままでした。
技構成はザシアンを削る地震、対面操作の蜻蛉、暇な時に押せるステロ、壁ゼルネに撃てる瓦割りの4つです。現ルールで一般的な壁要員(オーロンゲ/クレッフィ)にランドロスが対面有利で電磁波が効かない点、単純に読まれない点から通りは良かったです。岩封が欲しくなるのはvsウルガモス程度であり、ウルガモスに対しては後述のヒードランで圧力をかけられるので困る場面は殆どありませんでした。

・一撃ウーラオス
強そうなスカーフ枠として入れました。耐久があるので対面選出に組み込めるのもそこそこ偉いです。
技構成は最強技の暗黒強打、範囲補完の取れたメインウェポンのインファ、対面操作の蜻蛉、最低限どんな盤面でも削りを入れられる不意打ちの4つです。不意打ちは、HDバルジーナに受け出し叩きでスカーフを失った後にも黒バドに対抗手段を確保できる、スカーフが割れた後に竜舞/蝶舞勢に撃てる辺りが理由で入れましたが、単純に考慮外から撃てるので割と使用感は良かったです。

ヒードラン
ムゲンダイナ対策枠です。初期はHSベースの残飯挑発でしたが、ムゲンダイナ入りの受け回し以外の全てに役割を持てなかった(加えて、ムゲンダイナ入り受け回しにもそれなりに負けた)ので、ハマった時に強そうな日本晴れ保険型に変えました。ロマン型ではありますが、水技の被弾率が高いので悪くはなかったです。
技構成は水タイプの拘束に使うマグスト、ミラーや毒に撃つ安定打点の大地、水に対する遂行打点&晴れ保険下でのメインウェポンとなりうるソラビ、積み技感覚で押せる日本晴れの4つです。
入れ替え候補筆頭ではありますが、見た目は強い(ウルガモスへの圧力)のと他にムゲンダイナを処理できるポケモンもいなかったのでなんだかんだで構築に居座り続けました。あと楽しいです。

・ヤドラン
水枠です。ヒードランをチョッキにしたことによる崩し性能の低下を補いつつ、色々な選出パターンに組み込む補完枠としての汎用性の両立を追い求めた結果この型に落ち着きました。
長々書きましたが、ムゲンダイナ入り受けループとの対戦は普通に不利マッチです。展開次第で勝てるなぁ…くらいですね…






Frontier優勝嬉しいです

宇宙式ネクロサイクル(最終49位)

どうもアーモンドです。前期の構築を紹介します。

 

コスモパワーなりメテオビームなりで宇宙の力を感じ過ぎですね。

 

【個体紹介】

日食ネクロズマ@ゴツメ プリズムアーマー

腕白:252-0-236-0-0-20

実数値:204-177-194-×-129-100

技構成:メテオドライブ/竜舞/コスモパワー/月の光

 

-調整

・ほぼHB特化

・S1↑時準速ウーラオス抜き

 

 

ドラパルト@命の珠 すり抜け

控えめ:0-0-0-252-4-252

実数値:163-×-95-152-96-213

技構成:竜星/シャドボ/10万/放射

 

-調整

・CS振り切り

 

 

ランドロス霊@突撃チョッキ 威嚇

意地:244-44-4-0-212-4

実数値:195-188-111-×-127-112

技構成:地震/エッジ/岩封/蜻蛉

 

-調整

・H=奇数で最大

・C217黒バドのアストラルビット2耐え

・あまりA(HBサンダーをエッジ2発で高乱数程度)

 

 

カプ・レヒレ@オボンのみ ミストメイカ

穏やか:252-0-156-100-0-0

実数値:177-×-155-128-165-105

技構成:波乗り/ドレインキッス/アシパ/瞑想

 

-調整

・H振り切り

・3積みアシパでH振りムゲンダイナを倒せる(確か)

・あまりB

・後出しの火力がないヘド爆ムゲンダイナに抗う為一応D補正

 

 

ガラルファイヤー@残飯 逆上

穏やか:252-0-4-140-92-20

実数値:197-94-111-138-172-113

技構成:燃え上がる怒り/エアスラ/不意打ち/悪巧み

 

-調整

・H振り切り

・Dいっぱい

・最低限の火力が出る程度(感覚)

・4振りランドロス抜き

 

 

ユレイドル@パワフルハーブ 呼び水

穏やか:236-0-0-244-28-0

実数値:191-×-117-132-144-63

技構成:メテオビーム/ギガドレイン/大地の力/自己再生

 

-調整

・HCベースで適当

・C1↑時、無振りカイオーガをギガドレで押し切れる程度←無意味なので控えめHCでいいです

 

 

【解説/補足】

・日食ネクロズマ

軸です。ダイマありルール同様に、このポケモンでのTODが強いと思って採用しました。耐久上昇手段がないとランドロスに押し切られがちなのでコスモパワーを採用したく、火力補強技がないと単純に禁伝枠として弱すぎるので竜舞を採用したいと思ったので、いっそ両立させてみました。気分で採用しましたが、A/S上昇で相手に圧をかけつつ、コスモパワーで要塞化する事で想像を絶する超生物が誕生します。起点範囲が尋常じゃないほど広く、後出しの鉢巻ランドロス程度なら先にコスモパワーor竜舞を1回押せていれば起点にすることが可能です。

技構成は上記の通り、配分はA特化ザシアンがあまりにも多すぎたのでHBにほぼ振り切りました。後述のユレイドルでウオノラゴンの一貫を切る関係上、ザシアンのインファ被弾率が高い(インファが一貫する)ので竜舞時の性能よりも物理耐久の方が重要です。

急所のリスクが非常に高いので良くも悪くも安定しないポケモンですが、ザシアン軸にはだいたい遂行可能な事と、決まった時の最大値が異常なほど高いのでなんやかんやで選出機会は多かったです。

 

・ドラパルト

足が速いアタッカーが欲しかったので入れました。弱くはなかったですが、もう少し別のポケモンを考えようはあったと思います。あと、最速は無意味だったので、準速ザシアン抜きに抑えて少しでも耐久を伸ばすべきでした。

甘えた準速ザシアン後投げを咎められるのと、ムゲンダイナを即死させられる事は偉いです。

 

p.s

ポケリーグでは汎用性を求めて襷アーゴヨンに変更しました。如何せん試運転回数が少ないのでなんとも言えませんが、足の早い襷持ち(+重いカイオーガ軸に強め)の枠として間違えてはいなかったかなと。

 

ランドロス

ネクロズマと併せてザシアン軸に強く出られそうな枠です。ネクロズマと合わせるランドロスはスカーフが主流(多分)ですが、全体的にウルガモスとサンダーが重かった事からその辺に撃ち合い可能なチョッキ持ちとしました。

技構成はメインの地震に対面操作の蜻蛉、ウルガモスストッパーになれる岩封、サンダーに強い枠として動かす為のエッジの4つです。どれもよく使う構成ですが、黒バドを倒せるしっぺ返しがあっても良いと思います。

 

カプ・レヒレ

ネクロズマを使う上で必須のウーラオス受けです。全体的に受けが重めだったので、役割の薄いこのポケモンで崩しを担えるように瞑想アシパ型としました。前日までは上記の理由で渦潮怒り型でしたが、あまりにも命中不安が弱かったので諸々の黒い霧を諦めてこの構成に落ち着きました。なお最終日は相当数黒い霧をされて叫びました。

技構成は受け崩しに必要な瞑想アシパに回復ソースのドレインキッス、安定打点の波乗りです。配分は色々書きましたが、要は適当です。

 

・ガラルファイヤー

黒バド受けです。最終日前日までブラッキーでしたが、黒バド+ウーラオスの並びにどうしようもなく苦戦したので急遽採用しました。HD振り+不意打ち採用で相手の思考外から黒バドを叩く空き巣の様な活躍(褒め言葉です)のみを期待していましたが、イベルタルにもそこそこ強い事と単純に燃え上がる怒りの一貫性が高い事から、アタッカー兼クッションとして柔軟な活躍が出来ました。

技構成/配分の意図は前述のとおりです。不意打ちがあまりにも読まれず強力でしたが、シンプルに挑発採用でも良いと思います。

 

 

ユレイドル

水受けです。水の一貫を切れるポケモンをポケ徹で探していた所、可能性を感じて採用してみました。このポケモンの評価点は以下の通りです。

-水無効(&呼び水だけは割と有名)

-実は受け構築にそこそこ強い(ラッキー来なけりゃ何故か勝てる事も)

-ボディプレスないナットレイを再生で完全に受けきれる(足が遅いので)

-なんかいきなり宇宙の力を感じる(急に想定外の火力出せる)

-雰囲気カイオーガに強い

ウオノラゴンが絶対的に強いルールだったので、想像の5倍は活躍しました。浮いているポケモンへの高打点が1回しかないのだけが難点ですが、それ以外に目立った欠点はなかったです。

 

p.s

ポケリーグではギガドレインミラーコートに変更しました。理由はスカーフ以外のカイオーガに対する遂行力の低さを解消する為であり、実際の対戦でも変更が活きたので間違ってはいない選択だと思います。

なお、黒い霧ドヒドイデ+ヌオー+禁伝枠の並びがキツくなってしまうので、ミラーコートが完全上位互換というわけではありません。

 

 

 

 

【あとがたりっぽいあれ】

2100後半には何度か行けましたが、2200(1位レース)には割って入れる気がしない程度の感触でした。悔しいので来期も頑張ります。

 

 

質問等は@poke1800_almondまで

 

 

 

 

 

 

つぼつぼどりーむ(verツボザシ)

ネバネバネットを絡めてザシアンを強く使う事を目指しました。

 

 

【結果っぽい何か】

※中盤で使うのやめました

S21:レート2101(+メイン2062)

f:id:almond_beginer_1500:20210823235539j:image

 

最終じゃないから…という話はありますが2000半ばは安定していたのでまあいいんじゃないでしょうか()

あと、構築の原案貸した知り合いが2ロム2100、もう一人の方が2ロム2000に載せたらしいので、そちらの記事も宜しければどうぞ(宣伝)。

 

-リンク

でぃーさん(@d_poke_97)

(https://d-poke-97.hatenablog.com/entry/2021/09/01/204658)

 

結城さん(

 

【個体紹介】

ツボツボ@レッドカード 頑丈

腕白:252-0-252-0-4-0

実数値:127-30-310-×-251-25

技構成:岩封/アンコール/ステロ/ネバネバネット

 

-調整

・HB振り切り

 

 

ザシアン@朽ちた剣 ふとうのけん

意地:156-252-4-0-4-92

実数値(剣の王):187-244-136-×-136-180

技構成:巨獣斬/じゃれつく/ワイボ/剣舞

 

-調整

・A特化

・低速ザシアンを大体抜ける程度

・あまりH(A222ザシアンの巨獣斬+電光石火確定耐え)

 

 

ランドロス(化)@命の珠 力尽く

控えめ:68-0-12-196-4-228

実数値:173-×-112-176-101-150

技構成:大地の力/サイキネ/身代わり⇔ヘドウェ⇔岩雪崩/瞑想

 

-調整

・大地の力で197-154ザシアン(王)確1

・C1↑大地の力で無振り黒バドレックス確1

・ネット込みで準速スカーフウーラオス抜き

・あまりH

・A165ランドロスの岩封を身代わりが余裕を持って耐える程度(目安)

・A無振りザシアン(王)のA1↑巨獣斬確定耐え

 

 

ウオノラゴン@拘り鉢巻 頑丈顎

意地:0-252-4-0-0-252

実数値:165-156-121-×-100-127

技構成:エラがみ/逆鱗/ドラゴンダイブ⇔眠る/ロクブラ

 

-調整

・AS振り切り

 

 

ガラルファイヤー@黒い眼鏡 逆上

控えめ:252-0-4-108-4-140

実数値:197-94-111-147-146-128

技構成:燃え上がる怒り/エアスラ/不意打ち/悪巧み

 

-調整

・H振り切り(A182ウーラオスの鉢巻インファ確定耐え程度)

・黒い眼鏡不意打ちで無振り黒バドレックス確1

・準速ウオノラゴン抜き

 

 

ヒトム@残飯 浮遊

図太い:252-0-252-0-4-0

実数値:157-×-174-125-128-106

技構成:オバヒ/ボルチェン/鬼火/電磁波

 

-調整

・HB特化

 

【解説/補足】

・ツボツボ

起点づくり枠です。ネバネバネットを撒ける事(+ステロを両立できる事)、頑丈で最低限1度は行動できる事、レッドカード+アンコールにより起点になりづらい事を評価して採用に至りました。

基本的に初手に投げ、ネバネバネットかステロの通りが良い方を選択していき、余裕があれば両方撒くのが仕事です。ネット込みの調整が多いため、大体ネットを撒きます。良くも悪くもレッドカードの50%依存なポケモンなので、高速アタッカー×2の構成に対応できる対面性能の高いザシアンとセットで投げるのがコツです。

技構成/配分ともにテンプレなのであまり書くことがありません。ただ、岩封は叩き落とすや毒々でも良かったと思います(個体がおらず試せていませんが、叩きがベターかと)。

 

・ザシアン

構築の絶対的エースです。ネット採用によりカイオーガ意識の耐久調整をする必要がなくなったので、最低限の耐久を確保した後はA特化、残りSの配分で使用しました。火力に助けられる試合は非常に多かったですが、終盤になるにつれてザシアンミラーで大体抜かれる用になった為、最速HSベースの採用も検討の余地があると思います。

技構成はメインの巨獣斬とじゃれつく、決定力を高める剣舞ドヒドイデエアームド等を崩せるワイボの4つです。ワイボは鋼に通るインファや小回りの効きやすい電光石火との選択になると思いますが、ザシアンにドヒドイデを投げてくる人が多かったのでワイボにしています。

 

ランドロス(化)

サブエースです。攻撃範囲が非常に広く、ザシアン軸に非常に強く出られます。配分は適当ですが、耐久を削ってC特化にするか、限界までCを削って(168程度)物理耐久を伸ばす(相手のザシアンとの対面勝率を少しでも上げる為)べきでした。

技構成はメインウェポンの大地、一貫性の高いサイキネ、積み技の瞑想、誘うHBランドロスを起点化できる身代わりの4つです。身代わりはゴリランダー等に通るヘドウェや、ヌケニン&イベルタルへの打点となる岩雪崩との選択です。

 

・ウオノラゴン

ネットと併せて絶対的な圧力を発揮できる点を評価して採用しました。カイオーガ軸にかなり強い点も魅力です。

技構成は最強技エラがみ、水が通らない時の最高打点逆鱗、ヌケニンや呪みがミミッキュへの対抗策ロクブラ、技固定(逆鱗後のロック)をせずに押せる竜技のドラゴンダイブの4つです。ドラゴンダイブは重めな小さくなるラッキーへの対抗策にもなるので、命中率を差し引いても採用の価値はあると思います。

 

・ガラルファイヤー

黒バドレックスに強めなサブエースとして採用しました。それ以外に意識した事はあまりない(ザシアンとの補完が良い程度)ですが、攻撃範囲/耐性が優秀で小回りが効き選出しやすい為、何かと選出する機会は多くありました。ネットとの相性も良好で、上から怯み技を連打する関係上思わぬ勝ちを拾える試合があるのも優秀です。

襷やスカーフを持った黒バドが数多く存在した為、不意打ち採用はかなり活きました。初見だとまず読まれない為、思いもよらぬ勝ちを拾える事もしばしばありました。

 

・ヒトム

補完枠です。ここまでの5匹の難点として、ツボツボが必要ない(イベルタル軸や特定のザシアン軸など)構築への選出/立ち回りが安定しなかった事と、メタモン入りに苦しい択を押し付けられがちだった事が挙げられました。それらの対策として、ザシアン+クッション+崩し(ランドorノラゴン)の選出パターンを作ることを目指し、ザシアンに強めなクッションとしてHBヒトムを採用しました。電磁波を使用できる(メタモンに受けだした後一貫しやすい技)のとボルチェンでクッションになりやすいのが大きな長所ではありますが、こちらのザシアンより速い剣舞インファザシアンがあり得ないほど重くなってしまったので、最低限の行動が可能なウインディに変更しても良いと思います。もしくは前述の通り、ザシアンを最速にするかです。

 

【選出】

※主要な構築のみ

-vsザシアン

・ツボザシランド

→ネット撒いてがんばります

・ザシヒトム+ノラゴンorランド

→相手のザシアンを気合で倒します

 

-vs黒バド

・ツボファイヤーザシアン

→ネット撒いて上から叩きます。素直にネット展開できる構築であれば、だいたい勝てます。

・ファイヤー@2

→頑張って数滴有利を取り、ファイヤーの不意打ちで詰めていきます。不意打ちあるとネット絡めなくても有利マッチになるのがいいですね。

 

-vsカイオーガ

・ツボザシノラゴン

→ネット撒いてレッドカードの運がいい事を祈ります。選出次第ではレッドカードガチャに負けてもなんとかなるので比較的有利寄り?

 

・ザシノラゴンヒトム

メタモンカイオーガが同居している場合は、スカーフカイオーガをガン無視してネットを撒きません。案外勝てます。スカーフなら降参しましょう。負けです。

 

-vsムゲンダイナ

・ツボザシノラゴン

→ネットステロを撒いて、上からエラがみを連打します。ヌケニンのいないダイナループはだいたいこれで勝てます。

 

・ツボザシアン+ランドorノラゴン

→ネットステロを撒いてランドで制圧します。ループ以外のムゲンダイナは大体ランドロスが受かってません。普通にノラゴンが通るときはノラゴンでいいです。

 

 

残りは適当に頑張ります。イベルタルとジガルデは気合と根性です(めちゃくちゃ厳しい)。

 

 

 

とても使っていて楽しい構築(爽快感ありますし)になっていると思うので、良ければ使ってみてください!

 

 

 

p.s

ツボザシとか言ってますが最強のエースは間違いなく化身ランドです。ネット下限定ですが、その辺の禁伝枠クラスのパワーを叩き出せるのでツボザシ以外にも流用が効くかもしれません。オススメです。

ネット鉢巻ウオノラゴンはもうなんかただただ楽しいです。

クソザコRTA(verカバマンタ)参加者リスト

・あーもんど(@poke1800_almond)

3時間6分36秒(10-11)

・いちょー(@poke_ichyo)

3時間37分27秒(10-15)

・ふとん(@Ftn_poke)

3時間30分(10-10)

・あらざん(@_alazan_7)

リタイア

・アズール(@AzuRhodanthe)

2時間19分22秒(10-8)

・018(@unmask_hero)

3時間8分17秒(10-10)

・海道 冬樹(@fexaly184)

2時間24分5秒(10-8)

 

【S19使用構築】詰めサイクル(最終2146、1位)

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりです、メイドラゴン大好きオタクです。S19お疲れ様でした。タイトルの通り最終1位を取れたので記事にしたいと思います。

 

【並び】

f:id:almond_beginer_1500:20210702202156j:image

 

【構築経緯】

1.現環境は圧倒的な物理偏重環境であると感じた為、詰め筋となれる物理受けが強いのでは?と感じ、HB残飯カイリュー(竜舞持ち)とHBポリゴン2(ダイスチル持ち)のどちらかで詰め切る構築を目指して組みはじめました。

2.上記のポケモンが苦手でKPの高いポリゴン2ジバコイルに対し、前者の処理枠として拘り眼鏡ジバコイルを、後者への圧力としてガラガラ(アローラ)を採用しました。この2枠は、上記のポケモンを安定して処理できる中で最も崩し性能が高いと感じたポケモン達を選びました(詰め切るコンセプトの為、相手の受けを許さない必要がありました)。

3.ここまででジバコイルで崩せないタイプ受けへの選出パターンが少ないと感じた事と、サンダーが重めだった事から広範囲を持つ特殊受けのヤドキング(ガラル)を採用しました。

4.カバルドン/ラグラージの欠伸展開への回答が無く、相手の初手ダイマに苦戦する事が多かった事から、両者に対応できる(気がした)珠キュウコンを採用しました(S18)。対応できなかったのでスカーフカプ・レヒレに変えました(S19)。

→完成

 

【コンセプト】

・適度にサイクルを回しつつダメージレースに勝つ

・高火力アタッカーで障害を排除し、相手の物理ポケモンを詰めて勝つ

の2点。

 

 

【個体紹介】

カイリュー@残飯 マルチスケイル

腕白:244-12-156-0-4-92

実数値:197-156-148-×-121-112

技構成:ダブルウイング/冷パン/竜舞/羽休め


-調整

・大体パクり(https://korokorokoro.hatenablog.com/entry/2021/01/01/155631)

・A1↑ダブルウイングで175-121ウーラオス確1

※数値は自分好みに多少いじりました

 

 

ポリゴン2@進化の奇石 アナライズ

呑気:244-0-252-12-0-0

実数値:191-100-156-127-115-72

技構成:トラアタ/アイテ/イカサマ/自己再生


-調整

・HB振り切り

・端数C

 

 

ジバコイル@拘り眼鏡 アナライズ

冷静:220-0-0-76-212-0(S個体値29)

実数値:173-×-135-176-137-71

技構成:放電/ボルチェン/ラスカ/眠る


-調整

・B<D

・あまりHC

 

 

ガラガラ(亜)@太い骨 石頭⇄避雷針

意地:92-252-0-0-0-164

実数値:147-145-130-×-100-86

技構成:フレドラ/ポルターガイスト/地震/剣舞


-調整

・A特化

・大体の受けループのバンギラスを抜けてそうなライン

・あまりH(A132カバルドン地震+砂ダメ15/16耐え程度)

 

 

ガラルヤドキング@突撃チョッキ 再生力

穏やか:244-0-28-108-124-4

実数値:201-×-104-144-160-51

技構成:ヘド爆/未来予知/放射/冷B⇄草結び


-調整

・H=3nで最大

・A182連撃ウーラオスの鉢巻水流連打を最高乱数以外耐え

・C194珠サンダーのD暴風確定2耐え

・あまりC

 

 

カプ・レヒレ@拘りスカーフ ミストメイカ

控えめ:92-0-4-156-4-252

実数値:157-×-136-148-151-137

技構成:波乗り/ムンフォ/挑発/トリック


-調整

・A189珠ドラパルトのDゴーストダイブ15/16耐え

・準速

・あまりC

 

【解説/補足】

カイリュー

詰め筋となれる物理受けその1です。物理受けとしては、主にエースバーンやゴリランダー、ウオノラゴン辺りを意識しています(特にエースバーン)。固有の耐性/数値で替えがききません。詰め筋としては、対面での撃ち合いが強い事と上からの羽休めが強い(=先制ダイマの隙を見せづらい)事、物理受けでありながらサンダーに弱くない(強くはない)事が強力でした。逆に弱点はミミッキュが普通に苦しい事と普通に受けポケモンで止まる(ポリゴン2カバルドン等)事です。

技構成はダイジェットのタネとなりつつウーラオスの遂行打となるダブルウイング、採用理由の竜舞+羽休め、非常に数が多く選出されやすい(ジバコイルとガラガラの影響か、殆ど選出されました)ランドロスへの遂行打点&サンダーへの削りができる冷パンの4つです。持ち物は詰め筋となる事を考えている(=場に居座る)ので残飯一択です(ついでにダイアイスの天候ダメも問題としない)。

HB残飯竜舞の発想は上記のコロナさんの記事から頂きました。リンク許可も含めてありがとうございました。


ポリゴン2

詰め筋となれる物理受けその2です。HB(ほぼ)特化+ダイスチル+イカサマにより、ありとあらゆる物理アタッカー(ゴリランダーはダメ)を詰めに行けます。ミミウーラ程度なら余裕でダイマで詰め切れる馬鹿げた数値を持ちますが、回復ソースを持っていたり特殊耐久が高いアタッカーにはかなり隙を見せるのが難点です。

技構成はダイスチルのタネとなるアイテ、硬化と相性が良く通りの良いイカサマ、回復ソースの自己再生、ダイマの有無を問わずに汎用打点となるトラアタの4つです。HBポリゴン2には冷B採用が多いですが、このポケモンの選出時は基本的にダイマ権を使う為、冷Bの撃ちたい場面はダイスチルで事足りたのであまり困りませんでした。

 

ジバコイル

ポリゴン2処理枠です。採用経緯の通り、相手に引きを許す隙を与えたくなかったので拘り眼鏡持ちです。一貫した時の強さと、交換読みによる強引な崩し(択依存ですが選出画面で詰む試合をかなり減らせます)が相変わらず魅力的でした。

技構成は一致打点の放電/ラスカに対面操作のボルチェン、ダイウォールのタネ&TOD用の眠るの4つです。今思うと、今期に限っては放電→10万の方が良かったと思います(HDポリゴン2を放電麻痺込みでゴリ押す試合が一度もなかった為、少しでも火力を伸ばすべきでした)。配分は個人的に使い慣れたもの(https://almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com/entry/2020/09/06/015128)を使用しています。


・ガラガラ(アローラ)

ジバコイル処理枠(というよりは牽制枠の側面が強い)です。馬鹿げた火力と技範囲で広い範囲の受けを崩す事ができるのが強みで、基本戦術(ポリカイリューによる詰め)が通らない高耐久を無理矢理突破する役として適任でした。

上から叩かれるとすぐ落ちる癖の強さから敬遠していましたが、流行りのヤドキング、鉄壁ボディプレス勢、不意に来るカミツルギ(重いのでケアを兼ねて)に強い点を信じて採用して良かったです。

技構成は一致技2つに非接触安定打点の地震、積み技の剣舞です。配分は受け回しを意識してASベースにしています。


ヤドキング(ガラル)

流行りの特殊受けです。特性の再生力とヘド爆+未来予知(+範囲)によるサイクル性能と崩し性能の両立があまりにも優秀な上、サンダーに受け出し可能な便利ポケモンでした。

技構成/配分ともにテンプレなので特筆すべき点はありません。

 

カプ・レヒレ

相手を上から叩けて初手性能が高いポケモンが欲しかったので入れました。ウーラオスに強めな事と、トリックが使える点(トリック+受けポケモンでの初手ダイマのケアが非常に強力なシーズンでした)を評価してカプ・レヒレです。汎用性が高すぎるの一言です。

挑発は後出しナットレイにトリックを通した後、宿り木で拘られるのが嫌だったので入れてみました。構築的にジャイロor草技で突っ張られる事は殆どないので良く通りました。また、不意の壁展開にも抗いやすい点も高評価だと感じました。

 

 

【選出とか】

8割方レヒレ(初手)+ポリ2orカイリュー+@1の選出でした。レヒレ+@1で相手の耐久ポケモンを排除orトリックで動きを止めて、ポリ2かカイリューで詰めに行きます。崩し性能が足りない場合は、ヤドキング+ポリ2orカイリュー+@1で崩すルートをとっていました。

 

【結果】

TN:Maidragon S(2146、1位)

TN:アーモンド♪(2059、17位)

 

【後語り的な】

1年ぶりの1位本当に嬉しいです。ここ最近の特攻しては溶かすだけのおじさんからはなんとか脱却出来たと思います。これからも適度に頑張っていくのでよろしくお願いします。

 

p.s

7/9(金)にクソザコRTAやるから出てね(´,,•ω•,,`)ワワッ

 

p.s2

平日は1位独走→逃げ切り以外の選択肢が無いから渋々1位から潜りに行ってたんですが、最近は最終日の深夜に1位から潜る楽しさを知ってしまったので、これからは朝まで潜れる時も突っ込んでしまいそうです…

あれ妙な依存性ありませんか?

 

 

質問等はTwitter@poke1800_almondまで

クソザコRTA(verカバマンタ)

前々から言ってたクソザコRTAをやります。

 

【日時】

7/9(金)、21:00〜終わるまで

 

【参加募集】

記事公開後、該当ツイートに〜7/9、18:00までにTwitter:@poke1800_almondにリプライ

 

【使用する構築(レンタル)】f:id:almond_beginer_1500:20210704190923j:image

 

【ルール】

ポケモン剣盾のランクマッチシングルのスパボ9〜での対戦です。

・スパボ9の0-0時点からスタートし、10勝するまでのタイムを競います。

・上記のレンタルパーティを使用して対戦します。

・降参は原則禁止とします。降参をした場合、1度につき+5分のペナルティを加算します。

・Switch本体(対戦成績画面)と開始時刻/終了時刻がわかる画像を添付の上、10勝が終わり次第DM(@poke1800_almond)で報告してください。秒単位でわからない場合は、◯時間×分59秒で計算します。

・配信等はご自由にどうぞ

 

【おさかな🐠と愉快な仲間達】

カバルドン@喉スプレー 砂起こし

控えめ:0-0-252-252-4-0

実数値:183-×-170-132-93-67

技構成:ウェザボ/大地の力/吠える/怠ける


-調整

・BC振り切り

 

マンタイン@脱出ボタン 貯水

臆病:244-0-0-0-12-252

実数値:191-×-90-100-162-134

技構成:熱湯/黒い霧/追い風/羽休め

 

-調整

・ほぼHS

 


ポリゴン2@命の珠 ダウンロード

控えめ:4-0-0-252-0-252

実数値:161-100-110-172-115-112

技構成:破壊光線/吹雪/電磁砲/高速移動


-調整

・CS振り切り

 

ミミッキュ@拘り眼鏡 化けの皮

控えめ:212-0-44-252-0-0

実数値:157-×-106-112-125-116

技構成:シャドボ/ドレインキッス/ギガドレ/トリック


-調整

・C特化

・A200一撃ウーラオスの暗黒強打確定耐え

 

カプ・レヒレ@弱点保険 ミストメイカ

冷静:236-76-0-196-0-0

実数値:175-105-135-154-150-94

技構成:アシパ/破壊光線/冷パン/瞑想

 

-調整

・2↑ダイアイスで197-105サンダーを15/16の乱1(霰あるし振りすぎな気がしないでもない)

・あまりHC

 

ギルガルド@拘り鉢巻 バトルスイッチ

陽気:0-252-0-0-4-252

実数値(剣):135-192-70-×-71-123

技構成:アイヘ/諸刃の頭突き/聖剣/影うち

 

-調整

・AS振り切り

 

 【解説/補足】

カバルドン

「吠えるカバルドンは甘え」(by某氏)

という風潮に一石を投じるため、吠えるで喉スプレーを起動することにしました。

HBだと火力が貧弱すぎるのでBCとしました。吠えるが決まればダイマ適性が高いと思い込むことができなくもないです。

C上昇ダイロックで余裕をもってサンダーを倒せないのはご愛敬。

 

マンタイン

おさかなさんです。追い風脱出ボタンで裏のエースを着地させる動きが楽しそうだったので入れました。Dをさげる技を使えたらポリゴン2のDL起動させられるのになぁ…と5億回くらい思いました。

ダイマ枠で相手を荒らした後、カバマンタでTODできるとうれしくなります。

 

ポリゴン2

本構築最強のエース(仮)です。Cがあがればダイアタックでアリとあらゆるポケモンをワンパンできることに惚れて採用しました。具体的にはダイマエースバーン程度までなら一撃です。

難点は珠エースバーンの飛び膝蹴りをダイマしても怪しい乱数で落ちることと、珠ダメで型が一瞬で割れることです。でも火力はすごい。

 

ミミッキュ

汎用枠です。特性のおかげでなにかしら行動ができます。

誘う物理受けにシャドーボールで圧力をかけられるとうれしい気分になります。

 

カプ・レヒレ

瞑想レヒレ使うと怪電波サンダーいやだなぁ…と思ったので、保険ダイアイス(D冷パン)でわからせることにしました。瞑想に後出ししてきた怪電波サンダーに負けない雰囲気を出せます。HBだと耐えられてしまうので、Sを逆転させて倒せるように破壊光線も完備しています。

保険アシパに無限のロマンを感じます…

 

ギルガルド

サンダーを諸刃でワンパンできたら楽しそうだなぁ…

と思い採用しました。 マンタインの追い風から着地させることを考えて鉢巻採用です。

いかんせん構築単位で遅すぎるので、高火力の影うちが使えるこのポケモンの扱いは大事だと思います。多分。

 

 

ルールを守って楽しみましょう(´ー`*)ウンウン

【S16使用構築】ネクロガエン改(最終42位/46位)

どうもオタクです。瞬間とは言え212×だとか213×だとかにいけたので記事にします。

※メインROMは2113までブラックキュレム軸使ってたのでこの構築だけの結果と言えるかは…サブは全部これです。

 

【構築経緯(?)】

構築を考える時間があまり取れなかったので、前期使用感の良かった5匹(ネクロガエンドラパレヒレランド)を軸にといじりました。

 

【個体紹介】

ネクロズマ(日食)@ゴツメ プリズムアーマー

腕白:252-4-116-0-20-116

実数値:204-178-178-×-132-112

技構成:メテオドライブ/ロクブラ/月の光/竜舞

 


-調整

・H振り切り

・S1↑時最速100族抜き

・あまりの努力値でA168エースバーンの火炎ボール/A182一撃ウーラオスの暗黒強打の乱数が良くなるまでB

・A142珠ミミッキュのA1↑Dゴーストダイブ15/16耐え

・A222ザシアンのA3↑巨獣斬95%程度で2耐え(急所非考慮)

・A222ザシアンのA1↑インファ2耐え

・あまり振り分け(ダイマ時C183珠イベルタルのDデスウイング+D悪波確定耐え&A1↑Dメテオドライブ+A1↑Dロクブラでダイマイベルタルを倒せる程度)

 

ガオガエン@残飯 威嚇

生意気:252-0-4-0-252-0(最遅)

実数値:202-135-111-100-156-58

技構成:バクア/鬼火/守る/捨て台詞


-調整

・HD振り切り

 

カプ・レヒレ@拘り眼鏡 ミストメイカ

控えめ:236-0-0-252-0-20

実数値:175-×-135-161-150-108

技構成:波乗り/ムンフォ/草結び⇄ドレインキッス/トリック


-調整

・H=16n-1で最大

・C特化

・あまりS

 

ドラパルト@弱点保険 クリアボディ

意地:252-156-4-0-20-76

実数値:195-176-96-108-98-172

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/大文字/竜舞


-調整

・A1↑ドラゴンアローで無振りエースバーン確1

・準速エースバーン抜き

・あまり耐久(ダイマ時、A192ヒヒダルマの蜻蛉+氷柱落とし確定耐え程度)

 

ランドロス霊@ラムのみ 威嚇

陽気:4-252-0-0-0-252

実数値:165-197-110-×-100-157

技構成:地震/空を飛ぶ/雪崩/ビルド


-調整

・AS振り切り

 

ボルトロス霊@オボンのみ 蓄電

控えめ:236-0-52-4-164-52

実数値:184-×-97-182-121-128

技構成:ボルチェン/気合玉/破壊光線⇄草結び/悪巧み


-調整

・H=4nで最大

・C177珠サンダーの暴風+D熱風確定耐え程度(多少余裕あり)

・S1↓エースバーン抜き

・あまりB

 

 

【解説/補足】

ネクロズマ(日食)

前期の記事で「ザシアン/ウーラオス/サンダー全員に最低限の役割を持てるゴツメ枠がカイリューしかいなかった(意訳)」的な事を書きましたが、禁伝枠ありで考えると日食ネクロズマも該当しそうだったので採用してみました。ザシアン軸にしっかり勝ちたかったので、ウェポンはダイスチル媒体のメテオドライブリザードン/サンダーを粉砕するロクブラです。

襷悪ウーラオスの前で竜舞→月の光→メテオドライブと動けば積みながら突破できる点と、積んだ状態で後出しされた悪ウーラオスの前で月の光がど安定になるのが偉かったです。最終日に大量に鉢巻悪ウーラオスが現れて泡吹いて倒れました。あと、ヒードランが非常に辛かったです。

 

ガオガエン

黒バドに受け出しする機会が多かったので、HP管理がしやすい残飯にしました。また、ワンウェポンを黒バドの身代わりやサンダーの火力削ぎに使えるバクアにしました。

前述のネクロズマと合わせてザシアン軸に強い!と言うのがウリだったのですが、ウオノラゴンやヒードランバンギラスの入ったザシアン軸の増加から最終日はザシアン入りにはほとんど出せませんでした(ガオガエンを舐めた選出も多かったので出したい気持ちはありました)。

 

カプ・レヒレ

低火力レヒレだとカバザシ系統へダメージレースで負けてしまいがちだったので、安定して火力を押しつけられる眼鏡にしました。カバルドンを安定打点で即時処理できるのは、ゴツメネクロズマと合わせる上では非常に有用でした。

波乗り/ムンフォ/トリックまでは確定として、最終日はラグラージを爆発させる草結びにしました。ラグラージ+ウオノラゴン(+ザシアン)の並びが一定数いた為、そこそこ刺さりました。

水タイプなのにヒードランに勝てません。

 

・ドラパルト

前期同様カイオーガ軸を雑に荒らす枠として採用しました。今期は竜舞ドラパルトで崩せる受け回しが多いと感じた(構築作成時)ので、竜舞とvsカイオーガ性能を両立できる保険竜舞です。3周くらい回ってケアされないので中々強力でした。

基本的にカイオーガ軸には初手ダイマで荒らしに行きますが、サンダーと対面したときだけは大概竜舞を押していました。ほぼ全てのプレイヤーがボルチェンor羽休めを選択していた為、非常によく刺さりました(僕がサンダー側でも押したいです)。

 

ランドロス

電気と地面の一貫を消しつつ、威嚇を撒ける便利枠です。剣舞を積める/積みたいタイミングが特になかったので、日食ネクロや後出しザシアンに抗えるビルドを持たせてみました。弱かったです。

ザシアン+風船ヒードランが構築単位で重かったので、ラム→チョッキ、ビルド→馬鹿力にすべきでした。

 

ボルトロス

ナットサンダーやラキヌオーに気持ち強い枠として最終日前日に急遽投入しました。練ってない枠なので要改善と言った性能でした。

技構成は便利技ボルチェンに積み技の悪巧み、ヌオーを突破する草結び(最終日前日にダイマラキヌオーに負けるまでは破壊光線でした)にナットレイに撃つ気合玉です。切実に焼き尽くすを返して欲しかったです。

 

 

【後語り】

自分の勝負弱さに泣いたシーズンでした。来期は朝9時まで潜れるので、適度に休憩を挟みながら頑張りたいです。

 

おわり

耐久調整

僕が良くやるやり方です。

 

1.素早さの努力値を決める。

2.火力面の努力値を決める。

3.残りの努力値で、確実に耐えたい攻撃耐えまで暫定的に振る。

4.3の暫定振りから確実に耐えたい攻撃の乱数を維持しつつH=B+Dに近づける。

5.微調整する。

 

 

 

例1

ネクロズマ(日食)@残飯 プリズムアーマー

慎重:252-4-28-0-84-140

実数値:204-178-151-×-154-115

技構成:メテオドライブ/竜舞/月の光/身代わり


-調整

・H振り切り(=身代わりが地球投げ耐え)

・A1↑ザシアンのA222インファを残飯込みで中乱数(50%弱)で2耐え(目安)

・C145サンダーの放電を身代わりが13/16耐え

・C127テッカグヤの放射を身代わりが15/16耐え

・準速テッカグヤ抜き抜き

・S1↑で準速エースバーン抜き

・S2↑で最速フェローチェを余裕を持って抜ける

 

 

1.素早さ

・準速テッカグヤ抜き

・2↑で最速ザシアン抜き

の2点を必ず押さえたかった為、

性格?:0-0-0-0-0-132(残376)

まで確定

 

2.火力面

・1↑Dメテオドライブで無振りイベルタル確1(意地20振り)

まで振りたかったが、必要努力値が多かった為数値だけメモして後回しにした。

 

3.耐久面

・身代わりがC127テッカグヤの放射をいい感じに耐える

・身代わりがC145サンダーの放電をいい感じに耐える

の2点が必要だと考えた。

慎重:36-0-0-0-252-132(残88)

この時点で火力面の意地20振りは不可能であり、耐久面と火力面のどちらを優先するか考えた所、今回は耐久面の方が重要だと考えて火力面は端数振り程度に抑えることにした。

 

4.H=B+Dに近づける

火力面を妥協した事で数値に余裕が出た為、バランスを考えてH=B+Dを目指して振り分ける事にした。

・ザシアンのダメージ

・身代わりがラッキーの投げ確定耐え

程度を意識して割り振った所、

慎重:252-4-28-0-92-132

の配分が完成した。

 

※ダメ計ツールに残りの努力値で物理or特殊面が最硬になるように仮振りし、B orDを1ずつ削りながらHに振り替えつつ乱数を見ると楽です。

 

5.微調整

実際に試運転をしたところ、

カプ・レヒレと同速が発生して困った

・物理面でミリ耐えが多発した

・C145サンダーの放電を身代わりで起点にする機会が想定よりも少なかった

の3点から、Dを妥協してSを伸ばす事にした。

慎重:252-4-28-0-84-140

 

 

とまあ大体こんな感じです。

H=B+Dの効率がーとかいう話はありますが、効率よりも耐えたい攻撃を耐えることの方が大事だと考えているので、「まあついでに意識できればいいかな?」くらいの精神でいればいいと思います。

飽きたのでもう一個実例あげて終わりにします。

 

 

例2

トゲキッス@拘りスカーフ 天の恵み

臆病:36-0-20-196-4-252

実数値:165-×-118-165-136-145

技構成:エアスラ/マジシャ/火炎放射/トリック


-調整

・A187ドリュウズのアイへ14/16耐え

・A182連撃ウーラオスの水流連打+アクジェ確定耐え(水流連打は急所込み)

・176-80ウーラオスをエアスラで確1

・最速

 

1.素早さ面

・最速

臆病:0-0-0-0-0-252

 

2.火力面

・C196振り以上(=176-80ウーラオスをエアスラで確1)

臆病:0-0-0-196-0-252(残60)

 

3.耐久面

ドリュウズのアイへの乱数をよくしたい

臆病:4-0-52-196-4-252

 

4.H=B+D

ドリュウズのアイへの乱数が変わらない範囲でHを伸ばす

臆病:36-0-20-196-4-252

 

第2回突発パワポケ育成選手権(verパワポケ13)

どうもオタクです。

突然ですがパワポケをやりたくなったので育成選手権(と言う名の交流会)をやりたいと思います。当然ですがポケモンとは一切の関係がありません。また、賞品とかも特にありません。

 

【開催期間】

-選手育成/提出期間

記事投稿後〜3/19(金)、23:59まで

 

-投票期間

フォーム作成後〜3/20(土)、23:59まで

 

【ルール】

パワポケ13の表サクセスで育成

・野手

・持ち込みあり(後述/※1)

・優勝者はGoogleフォームを利用した投票で決定

 

【選手提出】

Twitter(@poke1800_almond)のDMに、

・ステータス画面(特殊能力まで写った物)

・攻略彼女名

・持ち込みアイテム名

の3点を送ってください。参加申請は不要ですので、いきなり送ってもらって大丈夫です(FF外のDM解放しています)。

また、期間中により良い選手を更新できた場合は、再度連絡をもらえれば差し替えも可能です。

 

 

【参加申請】

上記の通り特にないです。が、「参加するよ!」とリプライを貰えると僕が嬉しい気分になります。

 

 

ルールを守って楽しみましょう!!!

 

 

※1

パワポケ13で最も期待値が高い(多分)桜華ルートでは、ラブダイナミクスの持ち込みがあるかないかで難度/選手の完成度に雲泥の差が生まれるので、今回は持ち込み可としました。