ポケモン日記

ポケモンのことを時々書きます

Frontier決勝使用構築

どうも、アーモンドです。本日行われたFrontier決勝で使用した構築を紹介します。

 


f:id:almond_beginer_1500:20220327210118j:image

【構築経緯】

Frontier決勝は構築作成段階でメンバーが決まっているので、ある程度個人メタを盛り込む事にしました(予選はわからなかったので、やりたい事をやる構築を意識していました)。あと、BO3でもあるので変なギミックは入れないようにしました。

 

 

 

・かもねぎなべさん

比較的受けに寄せた構築(ポリ2ドヒドなど)を使用するイメージがあります。回復ソースを持ちながら崩しを狙える禁止伝説(ネクロ、封印ホウオウ、毒々ダイナ等)で、サイクル有利を狙いたいところです。適度に殴れる構築を好んでいる(多分)ので、ガチガチの受け崩しはできる限り避けて禁止伝説枠又は高火力ポケモンによる雑なゴリ押しで誤魔化したいところです。

禁止伝説はよくわかりません。ザシアンな気はしますが…

 

・シグマさん

系統としてはかもねぎなべさんと似ている印象があります。回復できる禁止伝説で撃ち合いたいところです。使用する禁止伝説はイベルタルのイメージがあるので意識しておきたいです。

禁止伝説はイベルタル+@1と予想。

 

・ニコショさん

謎。ガンガン殴ってくるとは思うので、相手のダイマックスをいなせるポケモンがいれば楽な気がします。

使用禁止伝説はカイオーガ+@1と予想。ニコショさん以外の3人がネクロズマ使いそうな雰囲気ある(多分)ので、そこに刺せるカイオーガは来るかなと。もしくはグラードン

 

 

ざっくりですがこんな感じです。上にも書きましたが、かもねぎなべさんとシグマさんが似通った構築を使用すると予想したので、禁止伝説はそこに刺せるポケモンを探すことに。結論から言うと「回復ソースを持つ」「禁止伝説+高耐久ポケモンに刺せる」「イベルタルカイオーガに最低限抗える」辺りを評価して、HSベースの竜舞ネクロズマ@珠を軸にすることとしました。

ネクロズマを使う上で相性の良い禁止伝説を考えた所、イベルタルがすんなり入ってきました(ホウオウも一考でしたが、対戦相手的にホウオウよりもイベルタルの方が刺さりそうだったので没に)。使い慣れているポケモンでもあったので、ここはある程度雑に決めています。型はこの時点ではチョッキでした。

次に補完枠です。禁止伝説2匹で重めのポケモン達の穴埋めを行いました。イベルタルメタとしてカプ・コケコ、ホウオウ/日食ネクロズマメタとしてウインディカイオーガのメタとして貯水ガマゲロゲをそれぞれ採用しました。ここの枠はイベルネクロ@1で出しやすい事を重視して選択しています。

ここまでの5匹でメジャーな構築には最低限やりあえる気がしていた(実際はサンダーが非常に重かった)ので、イベルネクロ@1以外の強力な選出を確立したいと考えました。禁止伝説2匹選出をしない関係上特定の構築に高い制圧力を持てる(禁止伝説の数の差を物ともしない)ポケモンがベストだと感じ、色々試行錯誤した結果、「ザシアン+禁止伝説+欠伸枠」の並びに一貫する悪巧みミトム@ラムを採用する形になりました。

この6匹で完璧だと思っていましたが、上記の通りイベルネクロ@1のどの選出をしてもサンダーが重い緊急事態に気づいたので、イベルタルをサンダーに対面で勝ちうるCDS弱点保険型にして構築が完成しました。

 

 

【個体紹介(採用順)】

日食ネクロズマ@命の珠 プリズムアーマー

腕白:204-4-116-0-4-180

実数値:198-178-178-×-130-120

技構成:メテオドライブ/サイコファング/竜舞/月の光

 

-調整

・HBベースで適当に振り分け

 

 

イベルタル@弱点保険 ダークオーラ

控えめ:44-0-4-92-252-116

実数値:207-×-116-179-150-134

技構成:悪波/デスウイング/挑発/羽休め

 

-調整

・C2↑D悪波で332-110サンダーを珠ダメ込み確1

・C177珠サンダーのD暴風+Dライジングボルトを大体耐える(8割程度)

・A244ザシアンのA1↑巨獣斬確定耐え

・S1↑時最速ムゲンダイナ、準速ザシアン抜き

 

 

カプ・コケコ@拘りスカーフ エレキメイカ

陽気:236-100-4-0-116-52

実数値:175-148-106-×-110-172

技構成:ワイボ/蜻蛉/リフレクター/光の壁

 

-調整

・準速エースバーン抜き

・ワイボで175-111カイオーガ確1

・あまり耐久

 

 

ウインディ@脱出パック 威嚇

呑気:252-0-252-0-4-0

実数値:197-130-145-120-101-103

技構成:オバヒ/神速/吠える/朝の陽射し

 

-調整

・HB振り切り

 

 

ガマゲロゲ@オボンのみ 貯水

意地:28-252-0-0-228-0

実数値:184-161-95-×-124-94

技構成:アクブレ/地震/毒々/守る

 

-調整

・A特化

・H=4n

・あまりD

 

 

ミトム@ラムのみ 浮遊

図太い:252-0-20-132-4-100

実数値:157-×-143-142-128-119

技構成:ドロポン/ライジングボルト/悪巧み/電磁波⇔眠る

 

-調整

・C2↑Dライジングボルトで402-118イベルタルを珠ダメ込み15/16の乱1

・S2↑で最速スカーフカイオーガ抜き(117)のポケモン意識の119

・気持ちお得なB=11n

 

【解説/補足】

・日食ネクロズマ

禁止伝説枠1で構築の軸です。採用理由は前述の通りで、サイクルを回せる積みエースとなっています。序盤は月の光を連打しつつ終盤に再展開して詰めを担うことが多かったので、持ち物は突破力を高める珠にしました。撃ち合い性能が高まるのは勿論の事、相手のダイマを枯らした後の制圧力が段違いになるのが非常に優秀でした。1舞で縛れる範囲が格段に広がります。

持ち物以外は普通のHB竜舞ネクロズマなのであまり書くことがありません。

 

イベルタル

禁止伝説枠2。ネクロズマとの補完の良さを評価して採用しました。上にも書きましたが、構築単位でサンダーが重い問題を強引に解消すべくCDSベースの弱点保険型となりました。消極的な理由の型選択なので構築との噛み合いについて語れる事はないですが、最低限の要求である「ネクロズマと併せたサイクル性能」「黒バド対策」「ダイマ時の性能の高さ」は確保出来ているので使用感はまずまずでした。一応サンダーに合法的に突っ張れると禁止伝説2匹+一般枠の選出がしやすくなるので、案外悪くはない選択だったかと思います。

型の補足としては、珠サンダーのダイジェット+ダイサンダーを耐える耐久ライン(乱数絡んでますが)確保しつつ、弱点保険を持たせる事以で対面D悪波で突っ込めば1:1トレード以上を狙えるというものです。初手ダイサンダーなら珠ダメ+C2↑D悪波で、ダイジェットならD悪波→C2↑Dデスウイングで撃ち合いに勝ちに行きます。技構成はメインウェポンのデスウイング/悪波とHP管理に使う羽休めまで確定とし、残りは受けが重めだった&対戦相手に刺さりそうだったという理由で挑発にしました。別の構築に流用するなら、保険発動後の突破力を底上げする熱風でも良さそうです。展開次第でザシアンごと貫通できるのが強力です。

 

・カプ・コケコ

誤魔化し枠です。取り敢えず初手に出して蜻蛉返り、リフレクター、光の壁のどれかで様子見するのが仕事です。ネクロズマイベルタルとの相性補完が良く、サイクルパーツとして強力でした。電気が一貫した場合、自身がダイマエースやスイーパーになれるのも便利です。

前述の通りイベルタルに対する駒でもあるので、ダイジェットに後投げ→上から壁の動きが出来る用に粘土ではなくスカーフにしています。物理か特殊かは相手の動きを見て判別したり、こちらのイベルタルの羽休めで様子見する必要がありますが、BO3ならその問題を解消できるのが今回のルールと噛み合っていると感じました。

配分は適当ですが困ったことはあまりないのでこれでいいと思います。耐久振りスカーフバドレックスを抜きたいとは思いますが、努力値が足りません。

 

ウインディ

物理受けです。受けづらいザシアンやホウオウ、日食ネクロズマにワンクッション挟める点を評価して採用しました。役割対象に適当に後投げして、脱出オバヒでサイクル有利を狙う動きがシンプルに強力です。HPが削れても、威嚇+神速で最低限の仕事が残るのも魅力でした。

身代わりホウオウやラムネクロズマが面倒だったので、鬼火を切って吠えるを入れている事以外は一般的な型かと思います。

 

ガマゲロゲ

カイオーガメタです。貯水勢の中で最も単体性能が高いと思ったので採用に至りました。カイオーガに適当に後投げし、地震or毒々で負担をかけるのが仕事です。貯水ポケモンとはいえカイオーガに何度もサイクルを回す事は難しいので、A特化にして少ないサイクルで相手を崩せるようにしています(無振りカイオーガ地震で高乱2など)。A特化だとダイマをそこそこ強く使える事から、カイオーガのダイアイス等に対して自信を持って後発ダイマを出来るのも優秀でした。ダイアース+霰ダメで辛うじてH振りザシアンを落とせる(なお乱数)為、強引な後投げ→巨獣斬で処理の動きも一応咎められます。

ミトムを採用する事ですいすいっぽく見えてると思いたいです。

 

・ミトム

補完枠です。欠伸展開+ザシアンを崩せるエースとして採用しました。主流な展開要員のカバルドン/ラグラージに滅法強く、ザシアンの巨獣斬で縛られにくい点を評価しています。

技構成は一致技2つと悪巧み、残り1つを気分で使い分ける形です。基本的には暇な時に押せる電磁波とラッキー意識の眠るを使用していましたが、2回ほどルナアーラにボコられたので悪波が正解だったのかもしれません。

 

 

【選出】

相手の禁止伝説枠次第ですが、

・イベル+ネクロ+@1

・イベルorネクロ+ウインディ+@1

の選出が殆どでした。イベルタルネクロズマウインディの中の2匹で適当に受け回しつつ、決定力のあるイベルタルネクロズマダイマを切って崩していく形です。

禁止伝説が両方通ってない時は大体ミトムを刺せるので、ウインディガマゲロゲで適度にサポートしつつ、ミトムで強くダイマ権を使用する事を狙います。その際は、禁止伝説はクッションとして雑に動かす事が多いです。

 

 

【重い構築、ポケモンなど】

上でも触れましたがこの構築で決定力となりうるのは、イベルタルネクロズマ、状況次第でミトム程度です。それらが通らない時はTOD以外でまともに勝つことが出来ない(電気が一貫している場合はコケコで勝てる)レベルで火力が貧弱です。つまり、それらの3匹を受けてくる組み合わせが苦手な傾向にあります。展開次第で毒々ガマゲロゲで崩せることもありますが、相当な綱渡りです。

特にキツイやつだけ挙げますが厳しいのは他にいくらでもいます。

 

-単体

ディアルガ

・Wキュレム

ゼクロム

・ジガルデ

・レシラム

ナットレイ

テッカグヤ

・エースバーン

ルナアーラ

 

-並び(一定数存在する中で)

ゼクロム+テッカグヤ

・ザシアン+ブラッキー

・特殊禁止伝説+バンギ+ヌオー

 

 

 

 

 

以下Frontier決勝のネタバレ&反省

構築紹介はここで終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【対戦レポート他】

ベスト4:vsかもねぎなべさん

-余談(対戦前)

正直に言って一番当たりたくない人を初っ端から引きました。上記の通りゼクロムなりテッカグヤなりがめちゃくちゃ重い構築なんですが、対戦者の中で使ってくる可能性が最も高そうな人だからです。初戦相手の決定が17:30頃だったんですが、急遽予定を変更してゼクロム来ないように神社に参拝してきました。

 

-構築

イベルタル

ネクロズマ

ランドロス

ミトム

ミミッキュ

ドヒドイデ

 

-1試合目

・選出

見せあいの時点で「イベネクミラー草」って感じでした。ミラーはイベルタルを通すゲームだと思っているので、選出はイベルタル@2で確定。残りは単純に通りがいいミトムと、ネクロズマを流せるウインディにしました。ウインディイベルタルに強いカプ・コケコと迷いました(イベルミトムで最低限ネクロズマに抗えるので)が、珠ミミッキュや珠ランドの線が切れなかったので、威嚇で誤魔化しが効くウインディです。

選出予想はミトムイベル@1。

 

・試合

初手ミトムは良かったのですが、予想外のスカトリで真顔に(ミミッキュがスカーフだと思っていました)。この時点で特殊羽イベルタルは負けだったので、物理願望でウインディを投げる形に。結果的に物理ベースの両刀だった為、相手のイベルタルをこちらのイベルタル圏内に押し込んで勝ち。

ウインディの吠える→ランドロスの威嚇→脱出パック→ミトム降臨の時、めちゃくちゃにちゃってました。

 

-2試合目

ランドロスが珠じゃないのがわかったので、ランドロス対策はミトムに一任してカプ・コケコを選出。様子見蜻蛉でミトムに繋ぎ、悪巧みで一掃する理想的な展開ができました。最後の巧みミトムvs身代わりイベルタルは、身代わりでダイマを枯らし切られるのが負け筋なのであの動きでいいはず…

 

 

 

決勝:

 

-構築

ゼルネアス

カイオーガ

ランドロス

ヒードラン

ポリゴン2

メタモン

 

-1試合目

・選出

ゼルネアスがヤバいのでネクロズマカイオーガがヤバいのでガマゲロゲ、@1はゼルネアスを飛ばした後に強そうなイベルタルを選択しました。ヒードラン+ゼルネアスがあまりにもヤバいですが、地震の有無を確認できていない1戦目はネクロズマでなんとかなると信じました。

 

・対戦

相手の選出はランドロス、ゼルネアス、メタモンネクロズマが一貫しているので適当に殴って勝ち。ネクロズマ地震がないことがバレた&地震があるならそれを対処出来るような選出をされ、BO3上手いなぁ…って感じでした。

 

-2試合目

ヒードランを突破できるかどうかのゲームになるのが目に見えていたので、ガマゲロゲ+ミトムの水2枚選出を敢行。初戦にヒードランがいない=ソラビはない(水に通る技がないので控えた)事は予想できるため、積極的にガマゲロゲをぶん投げる。

ゼルネアスが強すぎて負け。

 

-3試合目

ゼルネアス+ヒードランを突破できるのがミトムしかいない(ゼルネアスに麻痺が入った前提で)絶望の展開。初手ランド読みミトムを決めたのにも関わらず、ポリ2引きにビビって悪巧みを選択。当然ゼルネアスに引かれて終わり。

麻痺バグ願望でネクロズマ素引きが正解でしたね…

 

 

 

 

ということで準優勝でした。

ありえん悔しい以外の言葉が出ませんね…

 

 

 

 

【最後に】

Frontierめちゃくちゃ楽しかったです。

運営の方々、対戦してくれた参加者の方々、本当にありがとうございました。