読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモン日記

ポケモンのことを時々書きます

s2中盤使用構築1 ウルガマンダ

完成度めっちゃ低いので雑

1850→2000まで使用

 

ボーマンダ@石 威嚇→スカイスキン

意地hAS

技構成:恩返し/竜舞/身代わり/羽休め

 

シーズン1の流用。

サブブログも含めて7回目くらいの登場なのでもう書くことがない。

 

ウルガモス@スカーフ 炎の体

控えめ:4-0-104-252-0-148

個体値:31-×-30-31-31-31

技構成:オバヒ/炎の舞/さざめき/めざ氷

 

構築の軸。

ウルガマンダ偽装したら強くないかなーと思って採用。蝶舞ガモスが全盛期というほど流行っているので、スカーフが一層読まれにくく強く感じた。

調整は意地ガブの逆鱗を耐えるくらい。

 

ナットレイ@残飯 鉄の棘

生意気HaD

技構成:ジャイロ/ウィップ/宿り木/守る

 

前回の流用。テテフのケアとしては優秀だが、リザとマンダが多すぎて動きづらい。サイクルの要になれる耐性と数値があるポケモンだが、現環境で安定して勝つには採用しないという択もあるように感じた。

 

ガブリアス@襷 鮫肌

陽気AS

技構成:地震/逆鱗/岩封/剣舞

 

強い。地面枠としての単体スペックはやはりズバ抜けているように感じる。

 

カプ・レヒレ@水z ミストメイカー

図太い:236-0-44-156-4-68

技構成:ドロポン/ムンフォ/自然の怒り/挑発

 

シーズン序盤に沸きまくってたので自分でも使ってみた。強かったが器用貧乏感が否めなかったので、Hを少し削ってCに回した方が良いかもしれない。

 

ゲンガー@石 呪われボディ→影踏み

臆病CS

技構成:シャドボ/気合玉/身代わり/道連れ

 

3回しか出してないのでよくわからない。多分この枠はクレベースパルシェンが適任だろうとは思う。

 

 

きついポケモン

ボーマンダ

誰も受からない

リザードン

ナットレイと対面した瞬間に不毛で不利な択を押し付けられる。ナットを出さなければ良いと言われそうだが、このパーティはナット以外テテフを受けれるポケモンがいない。現在最も多くリザと組んでいるポケモンはテテフ(PGL情報)。つまりはそういうこと。

ミミッキュ

対面から勝てるポケモンがいない。実はナットも剣舞霊zで乱1。多少調整をいじるべきに感じる。

・カバドリ(バンドリ、ギガドリ)

ステロ後のドリュウズを止められるポケモンがレヒレしかいない。裏にリザyがいたらどうしようもなくなる。

 

 

 

2000まで戻れたのはスカガモスがめっちゃ強かっただけな気はする。

ちなみにQRは弱いのでないです。

 

質問等はコメントかTwitter@poke1800_almondまで